シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

冬のシカゴでクリスマスマーケットを楽しむ[シカゴ旅行のおすすめ]

毎年シカゴの中心部で開催されるChristmas market 

 

かなり寒い時期にもかかわらず、毎日たくさんの人でにぎわっています。

ホットワインを片手にクリスマスの雰囲気をアメリカで楽しんでくいださい。

f:id:musakazz:20171120152531j:plain

 

シカゴクリスマスマーケット

シカゴのクリスマスマーケット(Christkindlmarket)は毎年ダウンタウン中心にある広場Daley Plazaで( 50 W Washington St, Chicago, IL 6060211月中旬ころから開催されます。

 

周りをビルに囲まれているので場所を知らないと見つけにくいかもしれませんが、CTA(電車)のLake駅の目の前、ミレニアムパークからも数ブロック西に入ったところにあるのでアクセスはしやすいです。

 

クリスマスが近づけば10も当たり前なのに連日たくさんの人でにぎわいます。

そのほうが風もしのげて暖かい?

 

日本のクリスマスマーケットとは少し異なり、半数以上のお店がクリスマスの飾り(ツリー用のオーナメントや)を販売しています。

 

このお店はほとんどが本場ドイツからの出店

アメリカ人が楽しむクリスマスの雰囲気を一番感じられる場所だと思います。

スポンサーリンク

 

クリスマスオーナメント

日本ではそこまでメジャーではないかもしれませんが、ご当地クリスマスオーナメントかなり定番のお土産のようです。

お店ごとに違ったデザインで、とてもきれいなものが多く、ツリーがなくてもいくつか飾りとしてほしくなってしまします。(上部写真参照)

 

日本人が一般的に想像するような大きさのオーナメントだと10-$30程度。中にはかなり巨大なアメリカサイズのものも。

これを飾るツリーはどれだけ大きいのだろう。

 

他にもくるみ割り人形、木彫りの壁掛け時計などたくさんのクリスマスグッズが売っているので、見ているだけでも楽しめます。

 

様々なデザインのオーナメントがあります。

 

f:id:musakazz:20171120152358j:plain

ドイツ伝統の陶器ビアジョッキも

 

f:id:musakazz:20171120152442j:plain

 

限定デザインカップ

クリスマスマーケット定番の暖かい飲み物

ホットワインホットチョコレートなどが、その年限定デザインのカップに入って7ドルで販売されます。

 

飲み終わった後は持って帰ることができます。シカゴの絵柄とその年がデザインされているのでこちらもいい思い出になるかと思います。

何とかこれで体を温めながらお店をみて回りましょう!

 

それ以外にもホットケーキ、ソーセージ、ホットドッグ、パイなどドイツ料理を販売していますが、正直言うととても寒いので近くのお店で食べるのをお勧めします笑

  f:id:musakazz:20171120062444j:plain

今年のはこんな感じでした!

 

f:id:musakazz:20171120152636j:plain

ハトも必死です。ほぼ焼き鳥になりかけつつ暖を取ります。

スポンサーリンク

 

まとめ

日本とは違った雰囲気が楽しめるシカゴのクリスマスマーケット。

そんなに広いスペースでもないですし、おそらく寒すぎて長居はできないと思いますので、30分から1時間ほどの時間を見ておけば十分だと思います。

 

しっかり防寒対策をしたうえでアメリカ人が楽しむクリスマスの雰囲気を存分に味わってください!

↓応援お願いします!

 

こちらもどうぞ!

 

www.musachicago.com