シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

シカゴでニューイヤーコンサート、年末年始はアメリカでもウィーンの音楽を[シカゴ旅行のおすすめ]

シカゴ交響楽団の本拠地シンフォニーセンターで行われたNew Year's Eve Concertに行ってきました。

 

あまり期待していなかったのですが、本場ウィーンのニューイヤーコンサートに負けない楽しいコンサートでした!

 

ほかの北米の都市でも開催されているらしいので、年末年始にアメリカに来る機会があればぜひ!

 f:id:musakazz:20180101075704j:plain

ニューイヤーズ・イブ・コンサート

Salute to Viennaと銘打たれたNew Year's ConcertLANYなど北米約20か所で行われています。会場によって日時、演目が異なりますがおそらく中身はどれも似てると思われます。もともとウィーンのニューイヤーコンサートに興味を持っていたこともあり、今回シカゴで行われたコンサートに行ってきました。

 

シカゴでは12/30New Year's Eve Eveの開催でしたが会場につくとなかなかの人出。オケはシカゴ交響楽団ではなくStraus Symphony of America、、、正直ちょっと胡散臭い名前(ごめんなさい)だし、こじんまりとしたコンサートかと疑っていたのですが会場はほぼ満席でしたので人気のようです。

 

でも料金は通常のCSOのコンサートと同じか少し安いくらい。学生割は使えませんが、40ドル程度でしたのでGalleyの前のほうの席を取りました

スポンサーリンク

 

曲目

プログラムはこちら

 

f:id:musakazz:20180101080319j:plain

会場ごとに曲目は異なるみたいなので、こちらはシカゴ会場のプログラムになります。

 

昨年本場ウィーンのニューイヤーコンサートにフランツ・レハールの楽曲が初登場した影響か二部はほとんどレハールの曲。

 

二部はアンコールがあることを想定してか、演目上では約40分弱しかありませんでした。もうちょっと、ボリュームがあってもよかったかなと思いましたが飽きるよりは少し足りないくらいがちょうどいいかな。

 

個人的には二曲目のKlänge der Heimat、と最後のほうのVom Donaustrande Polkaが好みでした。

 

見どころ

ダンス

またウィーンのニューイヤーコンサートと比較になってしまいますが、こちらもバレエやボールルームダンス(社交ダンス)のパフォーマンスを舞台上で行っています。

 

ダンサーさんは真っ赤なドレスだったり、きらきらの装飾が付いた衣装で華やかに。一つ一つが最高級ではないのかもしれないけど生音に生演技、年末をみんなで楽しむには十分すぎる内容でした。男性のバレエダンサーさんの一人が早取り過ぎてるのが少し気になったけど、、、

 f:id:musakazz:20180101075717j:plain

客席側の黒い部分がダンス用。

 

ニューイヤーコンサートの定番

行く前はただのコンサートかと思っていましたが、曲間には指揮者が曲に関する小話を少し笑いを織り交ぜて紹介したり、かなりリラックスした雰囲気でニューイヤーコンサートらしさが前面に出されていました。

 

そして、個人的にうれしかったのはアンコールがニューイヤーコンサート定番の美しく青きドナウ、そして、最後は手拍子をしながらラデツキー行進曲!あの手拍子の強弱をやるのがちょっとあこがれだったので嬉しかった笑

 

いい意味でも悪い意味でもウィーンフィルのコンサートをベースにしている印象でした。

スポンサーリンク

 

まとめ

世界最高とは言えないのかもしれませんが、高いレベルの演奏とダンスを生で味わえるし、年末の雰囲気を十分に楽しめるいいコンサートでした。今後ぼくのなかで毎年恒例の行事にしていきたいと思います。

 

なかなかウィーンまで行くのは難しいと思いますので、アメリカでニューイヤーコンサートを楽しむのもありかと思います。シカゴ以外の都市でも開催されていますので、皆さんも機会があればぜひ!

チケットはSalute to Viennaのページシカゴ交響楽団Webページからほかのコンサートと同様に購入できます。

 

 

↓応援よろしくお願いします!

  

こちらもどうぞ 

www.musachicago.com

www.musachicago.com