シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

シカゴ交響楽団の生演奏でスターウォーズを鑑賞!11/24/2018[コンサートレポート]

なんと贅沢にもシカゴ交響楽団の生演奏でスターウォーズ・帝国の逆襲を見てきました.

 

 

 

映画生演奏コンサート

今回は少し毛色の違うコンサートです.

 

ステージには画面が出現し,映画が流れます.それに合わせてオーケストラが演奏してくれるという何ともぜいたくなコンサートです.

かなりミーハーな感じはしますが,一度試してみたかったのです笑

 

夏の間はミレニアムパークや屋外の公園で映画を見ることはありますが,やっぱり屋内のほうがまだ音はいいですし,冬は外でできるはずもないので(笑)

 

CSOといえどもお客さんを集めるイベントを企画していかなければ生き残っていけないという事情もあるかと思います.値段が高いにもかかわらず,こういった映画の演奏はすぐ売り切れるので多少効果はあるのかもしれません..

 

客層も普段に比べたら圧倒的に若い.小学生くらいの子供たちの姿もたくさん見かけました.未来の顧客獲得に必死です.

 

映画を見るような雰囲気でたまに歓声が上がったりしてました.

最初の20th Century FOXのテーマのところでは拍手と笑いが起きてました.

 

学生券はないので,お値段は少し高め.一番上のGallery席でも$50ぐらいしました.

 

学生券はないので少し高めですが,たまにはしょうがない.団体の学生さんもたくさんいました.

スポンサーリンク

 

How Does This work?

セリフや電子音(音楽以外のものが壊れる音,ライトセーバーの音etc.)はスピーカーから出ます.ちょっと大きすぎた気もしますがそこは仕方ないか.字幕も出るのでついていきやすかったです.

 

演奏はオペラのようにその場で画像に合わせて指揮者が指示を出します.ステージは暗くなり,指揮者にだけ軽くスポットライトが当たっている感じ.

 

指揮者の前にはスクリーンがあって映像とともに白や緑のバーが流れてきます(太鼓の達人みたいな笑)

2拍ごとに画面の中央も光っていたのでこれでテンポをとっているようです.

 

若干のズレがあったり音を外したりしてることはありましたがプロなので合わせること自体は問題にならないですよね.

 

映画の中では音楽がないところもあるのでそういう部分は指揮者が指揮台の横のいすに座っていたり,演奏者が後ろを振り返ってスクリーンを見ていたりしていたのも面白かったです.

 

スポンサーリンク

 

まとめ

普段のコンサートとは違った雰囲気でしたがとても楽しめました.結構映画に集中しちゃうのでもったいない感は否めませんがぜいたくだし,思い出には残ります.来年にはハリーポッターなども企画されているので(CSO Special - Harry Potter and the Prisoner of Azkaban(TM) in Concert)興味がある人はぜひ行ってみてください.

 

 

www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com