シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

World of Beer@シカゴ。アメリカのクラフトビールがたくさん飲めるお店![ビールメモ-おすすめBar]

現在全米16州に55店舗存在する世界のクラフトビールが楽しめるBar。Tapの数も多くビールのセレクションもなかなかよいので、アメリカに旅行した際にみつけたらぜひ行ってみてください!

 

World of Beer 

worldofbeer.com

現在全米16州に55店舗存在する典型的なアメリカのスポーツBar。おいしいビールとアメリカらしい雰囲気が同時に楽しめるおすすめのお店です。本店はFloridaのTampa。

 

 

ザ・スポーツバーという感じ

 

ビール飲みながらカブス観戦も最高です

 

最初に現在通っている大学をVisiting weekendで訪れた際に見つけて、ぼくの進学先決定に大きな役割を果たしました笑

 

平日にはTrivia night(クイズ大会)やビンゴ大会なども行われることがあるので、そういうのに飛び入り参加してみるのも面白いかもしれません。

 

ちなみにTriviaはクソ難しいです。

 

外にはTapの取っ手(なんていうんだっけ)が飾られています。

 

 

左上のサッポロは日本刀!(左上)

 

 

Ballastpointの魚

 

スポンサーリンク

 

ビールリスト

一応メニューには日替わりと書いてあるので毎回行くたびにTapの種類が変わっているようです。法主な種類、ヨーロッパからも有名どころは抑えているし、シカゴを含めアメリカのクラフトビールも豊富。

 

ヨーロッパ:Urquell、Reissdorf

シカゴ:Goose Island、Sketchbook、Off color

アメリカ:Ballast Point、Kona、3Floyds、Left handなど

などなど

 

アプリをダウンロードすると自分の好みや今の気分からビールをお勧めしてくれる機能が使えます。

Urquel

チェコのPilsner Urquelがオリジナルのグラスで出されているだけで高得点。

 

Rino Pale Ale

Epic BrewingRino Pale aleが4ドルでした。飲みやすいオーソドックスなペールエール。ボディの味自体は少しピルスナーを感じさせるやわらかい甘みがあるのに、しっかりとしたHopの香りも感じられるいい感じのビールでした。

 

Hopぶち込んで苦くするだけじゃないよっていうのをちゃんとわかってくれてます。

 

食事もありますが他のバーとかと比べても種類もボリュームもそこまでではないので、頼んだとしてもチキンウィングぐらい

 

まとめ

スポーツを見に行ってもいいし、ゲームに参加してもいいし、様々な状況でおいしいビールを楽しめるおすすめのお店です。アメリカのBarの雰囲気を感じられるいい場所なので見つけたら一杯飲んでみてください!