シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

BBQも絶品、ニューオーリンズの実力派ブルワリー、NOLA Brewing Co.を紹介。[ビールメモ-ニューオーリンズ]

ニューオーリンズのブルワリーとしてはかなり大きく、有名な方だと思います。ご飯も本格的なBBQが食べられ、Taproomも二階席、パティオがあって過ごしやすいので、アクセスを考慮せずにどこか一つブルワリーを選ぶとしたらここかなという感じ。

 

 

NOLA Brewing Co. (New Orleans Lager and Ale )

もともとは南部でビール製造の中心となっていたNew Orleansですが、徐々にその数も減り、大手ビールDixieがハリケーンカトリーナで移転を余儀なくされたことで街で作られるビールがなくなってしまったそうです。

Dixieの缶に”Made in Wisconsin”の文字を見たNOLA Brewing創設者の方が、ニューオーリンズのビール文化を再び盛り上げるという強い意志のもとに作った、ビール文化的にも大切なブルワリーのようです。

ホームぺージ

https://nolabrewing.com/ 

地図・行き方 

ダウンタウンから見ると少し南。車で15分、Uberで15ドルほど。周りにはいくつかブルワリーがあるくらいでほとんど観光地などはありませんが、行く価値はありますので、お時間があればビールを飲みに行ってみてください。

 

ビールリスト

フライトは4種類で12ドル。一つ一つは小さいので、まあそこまで安いわけではないけどたくさん種類飲みたいのでフライトにしました。

7th Street Wheat/ American Pale Wheat


ABV 4.5 %
ホッピーでクリスプとてもシンプルだけどそこがいい。少しスパイスも感じるけどそこまで主張はなくあくまで王道。ここのBBQ料理と食べるには少し軽すぎるかも?

IPL/ India Pale Lager


ABV 6.4 %
7th Street よりもさらにホッピーでボディもしっかりとしたビール。褐色の見た目ほどカラメル香はないので、個人的には好き。

Hopitaoulas/ American IPA 

ABV 6.5 %
フローラルなホップの香りとパンチ力のあるボディがBBQにピッタリ。甘みもちょうどいいくらいで、味濃いめのBBQにはこれくらいはっきりした味があるといいですね。

Hoppyright Infringement/ New England IPA

ABV 7.6 %
見た目からはもっとラクトース全開のちょっと甘めHazy IPAを予想したけど、思った以上にフルーティー。オレンジのようなさっぱりさがあって非常に飲みやすく、料理にも合います。

 

雰囲気もよく、内装もいい感じだったので長居して、もう一つフライトを注文。

Lowerline/Sour

ABV 4%
シャンパンのような華やかな味わいのサワー。すっきり王道。

Pineapple Habanero IPA


American IPA AVB 6.5 %
コロラドで飲んだハバネロエールまではいかないけどしっかりと辛みを感じる。その辛さがスッと引いた後にパイナップルのようなフルーティーさが顔を出す感じ。ボディは強いけど飲みやすい。

Hop Harvest IPAw/ orange, Carrot and Cinnamon

ABV 6.5 %
オレンジ、キャロットの香りと比べるとシナモンが強め。キャロットはなかなか感じるのが難しかった、、、

Syncopation/ DDH IPA

ABV 6 %
HoppyrightからHazyさを取ったような印象。ホップの味を楽しむには一番いいかも。

メニュー

ちょっと小さいけど拡大したら見えます(^^;みにくかったらホームページにも全く同じラインナップが乗っています。

食事

3 Meats Plate。プルドポーク、ブリスケット、リブの重めコンボ。どのBBQも岩塩とペッパーがピリッと効いていてワイルドな味。美味しい。リブも大きくてかんたんにほぐれるし、プルドポークはジューシー。ブリスケットも肉らしさ満点。ありぞ根で並んで食べたやつよっりは少し落ちるけど、ビールのクオリティ、アクセス、混雑具合を考えると満足できること間違いなし。


フードメニュー

 BBQは重いなという人には簡単なおつまみやサンドイッチもあります。

 

写真ギャラリー

缶もたくさんあります。結構出荷量も大きいブルワリーだと思うので、ほかの州でも見つけられるかも?

 

二階から奥のフロアを見下ろしたところ。

 

二階のパティオ。暖かいニューオーリンズには必須の屋外。なぜかこの日は寒く、外で飲むのは断念(*_*)

 

二階にもバーがあります。 

 

一階はこんな感じ。結構地元の常連の方がいたみたい。

 

 机にもデザインがあって、おしゃれな雰囲気。

 

外観は大きめの赤い倉庫。これだけの大きさだと結構生産量もありそう。

 

 Taproom入口。レストランのような見た目で入りやすい。

 

ニューオーリンズのブルワリーまとめはこちら!他にもおすすめたくさんあるのでぜひ見ていってください!

www.musachicago.com

まとめ

ニューオーリンズの実力派。かなり本格的な施設に、パティオ付き、二階建てのTaproomがあります。どこのブルワリーに行くか迷ったら、とりあえずここに行っておけば間違いないのではないかと思います!

 

www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com