シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

最近はやりのサワーとスタウトの取り揃えが半端ない。Orpheus Brewing[ビールメモ-ジョージア州アトランタ]

ジョージア州アトランタのダウンタウン近くにある醸造所。こじんまりとしたお店だけどサワーとスタウトの種類がすごくて、それぞれだけでも10種類以上ありました。 

 

Orpheus Brewing

 

 ホームぺージ
www.orpheusbrewing.com

 

地図・行き方 

アトランタのダウンタウンからなら車ですぐ。ちょっとわかりにくいところにあるけどサワー好き、スタウト好きの人にはおすすめなので頑張って見つけてください!

 

ビールリスト

サワーとスタウトだけで10種類ずつ以上あるこだわりがすごい。そのこだわりから生まれるレベルの高いビールは一度飲んでみる価値があると思います。このスクリーンはスタウトだらけですがもう一つのスクリーンはサワーで埋め尽くされてました。

 

Plants have no memories

White grapeを使ったサワービール。本当に白ワインのようなブドウの香りがして、シャンパンのような飲みやすさと華やかさ。酸味も全然強くないし、個人的にかなり好きなサワービールでした。暖かいアトランタの気候に合ってるし、日本に持ってきても絶対人気が出る味だと思います。女性やワイン好きをビールの世界に取り込む入口になるのではないでしょうか。

 

After the last death

Cherry とRed currant(カシス)を使ったサワービール。こちらの方が王道のサワービールらしかったですが、とげとげしい酸味はなく飲みやすい。フルーティーな香りとさっぱりとした味わいなので女性やビールが苦手な方にも一度トライしてみてほしい味でした、

 

Stout all the way down vol.8

スタウトだけで10種類ぐらいあるのはすごい。トライしたのはバーボンバレルエイジドのVol.8。もうちょっと時間があったらほかのスタウトとも飲み比べがしたかったですが、アルコールも13.2%と強めなので断念。非常に豊かな味わいのなかにピリッとした辛みがある。レシピを見てみるとペッパーやナツメグが入っているのでそのあたりがアクセントとして感じられたのかな。チョコのような濃厚な甘さも特徴的で食後酒として楽しめる、完成度の高いスタウトです。

  

写真ギャラリー

 

いったんスクリーン前の机がどけられていたから、バンドの演奏かなんかあったのかな?

 

ロゴもシンプルで結構好きです。

 

まとめ

こだわりが感じられる醸造所で、特にスタウト、サワー好きの方は一度足を運んでみるのをお勧めします。

 www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com