シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

Half Acre Beer Co. 切れ味抜群のPale Aleがおすすめ @Ravenswood, Chicagoビールメモ】

シカゴでも比較的大きめなBrewery。缶はWhole foodsなどのお店やレストランなどでもよく販売されています。今回はAnderson Ville 近くにある醸造所に行ってきました。

 

[:contents]

 

www.halfacrebeer.com

Half Acre Beer Brewing Co.は2007年に操業開始。もともとはLincoln Avenue(どこかはわからない笑)で始まったらしいですが2015年にBowmanvilleでTaproomを始めました。

 

レストランや、お店でもよく見る比較的の大きめのBreweryで、実力も高いと思います。

 

今回行ったBowmanvilleのお店はRed lineのBryn Mar駅から内陸に2キロほど。なぜBreweryはこういった行きにくいところにあるんでしょう、、、

 

ビールリスト

Pale aleからIPA、Pilsnerまで一通りの種類はそろっています。

 

Daisy Cutter

Half AcreといえばDaisy Cutter pale ale. かなりバランスの取れた味です。Hopの苦みはしっかりしますが、後味はどちらかといえばすっきり。軽く飲めてしまうので気を付けないと。

この苦みは日本食などにはあまりあわないかもしれませんがピザやハンバーガーなどのアメリカ食にはぴったりだと思います。

 

レストランにはGoose Islandを置いているところも多いですが、Half Acreがあればそちらの方がビール好きの人にはおすすめです。少し苦手だっていう人はGooseの312が比較的苦みが抑えられていて飲みやすいかもしれません。

 

Aleしか飲まないアメリカ人もこのHalf AcreのDaisy Cutterはかなり好きなようなので、アメリカのAleらしい味なのだと思います。かなり完成度も高いと思いますので、シカゴにお越しの際はぜひトライしてみてください。

 

醸造所に行けば定番のTシャツ、グラスといったグッズもあります。なぜかCoffeeの豆も、、、

 

 

缶の種類もそれなりに豊富。左上がDaisy Cutter。右上のPonny(Pilsner)もよくお店で見かけます。

 

 

Taproomの室内は窓があって明るめでいい雰囲気。

 

外も夏はビアガーデン気分で気持ちいいです。こちらでビールを買うこともできます。

 

 

裏には倉庫が。出荷を待っているビールたち

 

まとめ

シカゴでも有数のクラフトビール。特にDaisy CutterとPonnyが有名です。Breweryは相変わらず少し行きにくいですが、お店でも簡単に手に入るのでシカゴにお越しの際はぜひ飲んでみてください!

 

スポンサーリンク

 

 

www.musachicago.com

www.musachicago.com

 

www.musachicago.com