シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

アメリカ版確定申告。わかりにくすぎる留学生のTax Refundについて[留学生活]

どこに行ってもTax関連の手続きはめんどくさい。州によっても学校によっても違うと思いますが、少しでも参考になればと思いこちらに書いておきます。数百ドル戻ってくることもあるので忘れずに!

 

アメリカの税金申告

アメリカでは自営業とか会社員とか関係なく全員がTaxの申告をしないといけません。留学生も例外ではなく、申請しないと追加でTaxを払わなくてはいけなかったりといったペナルティも。

 

毎年4/15を締め切りとしてその前年の税金や滞在状況などを申告する必要があります。たとえば今年だと2019/4/15までに2018/1/1-2018/12/31までの分を申告をする必要があります。

 

めんどくさいのは変わりないのですが、留学生の場合はお金が返ってくることも多いですし、早めに片づけてドタバタしないようにしましょう。私は今年ドタバタしたので来年の自分のためにメモしておきます(笑)

 

以下、説明していきますが州、ビザの種類によって変わるのであまり信用しすぎずしっかり自分でも調べるようにしてください。あとはfederalとState taxは別物!別々に提出しないといけないので片方終わったからといって安心せず、両方終わらせるようにしましょう!

スポンサーリンク

 

必要書類(W-2 、I-20 、パスポート、SSNなど)

必要書類

・郵送されてくるTax forms(W-2 and/or 1042-S, 1099)

・Visa情報(I-20 or DS-2019)

・ソーシャルセキュリティナンバー(SSN or ITIN)

・アメリカ滞在情報(いつ入国してどれだけ滞在していたかなど)

 

大体上記の書類があればそこから数字や期間を探すだけで必要な情報はそろうはずです。Refundがある人は銀行口座の情報とかも必要。(小切手を郵送してもらうことも可)

 

W-2は大体年明けくらいから3月にかけて送られてくる給与に関する書類です。このFormに書いてある数字が去年支払われた給料と源泉徴収で引かれているFederal tax, State taxになります。Tax refundは基本的にこの数字を計算しなおして正しいかどうか(たまに多く払っているのでその場合はRefundされる)を確かめる作業になります。

 

Federal Tax

アメリカ合衆国に払う税金です。税率は所得、結婚しているかなどによって変わります。最低でも10%以上。

 

私の場合はForm 1040NR-EZとForm 8843を下記のソフトウェアを使って作成しました。W-2も一枚切り取り、一緒に入れてテキサスにあるオフィスに郵送します。

 

ソフトによって生成されたので他に何があるのか、なぜこのフォームなのかとかはよくわかってません笑自分の状況(お金の出どころ、金額、Resident, non-resident)などによっては提出するフォーマットも違ってくるので注意してください。

 

State tax

州に支払う税金で、税率も書類も州ごとに変わってきます。イリノイ州は5%とか。出す書類はIL-1040になります。

 

こちらにもW-2を入れ、Federal taxの書類も同封してイリノイの事務所に郵送。アメリカ人だとネットでできたりするけど留学生は無理らしい?

 

ソフトウェア

学校によっては留学生のためにSoftwareを配布しているところもあります。私が使ったことがあるのはGlacierとSprintaxです。どちらもWeb上でStepに沿って、空欄を埋めたり、質問に答えるだけで必要な書類を作成してくれるので便利です。注意としてはGlacierはFederal taxだけなのでState taxは別で作成する必要があります。

 

お金がかかることもありますが、まあ数時間も書類と格闘することを考えれば数十ドルは仕方ないと割り切りましょう。ずるいビジネスだわ。わざわざめんどくさい処理をやってくれることに感謝。てかこれをデフォのシステムにすれば楽になるのにしないのはこういうところで儲けてる人がいるから?Refundもしなくていいしね。

 

Sprintax

www.sprintax.com

Federal Tax($35.95)、State tax($29.95)を同時に作成してくれます。合計$66はそこそこ高いけど、Refundでそれくらい返ってくるとしたらこれでさっさと終わらせた方がいいかも。

 

Federal tax、State taxでかぶっている情報も同時に埋められるので合わせても30分くらいで終わります。生成されたPDFを印刷し、サインをした後、1ページ目の説明に沿ってFederal、Stateそれぞれを事務所に送ればOKです。

 

Glacier Tax Prep

www.glaciertax.com

$39でFederal Taxの書類作成ができます。生成されたPDFを印刷してサインして郵送するだけなので簡単です。でもState taxは別でやらないとだめです。 

スポンサーリンク

 

まとめ

留学生だと奨学金とかもあってややこしくなりますし、基本学校に聞いてもあまりちゃんとした回答は返ってこないので、何とか自分で調べてやっていくしかないと思います。一から全部書類をそろえるのはめんどくさすぎるのでおとなしくソフトは使った方が無難です。何か便利な情報がありましたら私にも教えてください。

 

 

www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com