シカゴ留学日記

アメリカ、シカゴにPhD学生として留学中。興味のあること、留学についてなどについてマイペースに書いていければと思います。

手軽に楽しめるサンアントニオのクラフトビール、Freetail Brewing Co.[ビールメモ-San Antonio, Texas]

ホップの苦味が特徴のアメリカらしいビールがたった$4で楽しめるFreetail Brewing Co.。ダウンタウンから車で5分くらい、Uberで$5、lime(レンタルスクーター)でも10分くらいで着きます。

 

 

 

Freetail Brewing Co.

4種類のFlightも$4。とにかく安いですがレベルはそれなりに高い。しっかりと苦みのきいたエールと飲みやすいラガーのコンビネーションだったのでどんな人でも楽しめると思います。

外観すぐ外にもレンタルのチャリやLimeが停まっていました。

 

入口はいると樽がお出迎え。

 

外観からも分かるように倉庫も兼ねているようです。

スポンサーリンク

 

ビールリスト

Tapに入っていたのはこの13種類。Lager、Aleまでバラエティに富んだ品ぞろえ。

 

Freetail original

Red Ale-American Amber。6.8%、38IBU。エールと同様にしっかりとした苦味。それに加えてレッドエールの豊かさが感じられる。そこまでカラメルの風味を主張しないので飲みやすめのレッドエールになっていると感じました。

 

San Antonio Pale Ale

Pale Ale-American。5.7%ABV、36IBU。缶だと発行が進んで少し重くなってる印象だったけどTAPだとだいぶスッキリした味。でもちゃんと缶でも感じた苦味がしっかりとあるのがいい。セッションipaくらいのイメージだけどなあ

 

Conserveza

blond ale。4.9%ABV、20IBU。IBU20ということでpale aleとちがって軽めのボディで苦味もあまり舌に残らない。ふんわりとした甘みと麦の香りが広がりサッと引いていく感じ。キレがあるというよりは味自体がふわっとしているので、ホットウィングとか辛いものとと合いそう

 

Slo Flo

Session IPA。4%ABV、45IBU。ホップの味が全面に出たエール。pale aleでも苦味が特徴に感じたがそれをもう少し強くした感じ。こちらを飲んだあとだとpale aleの苦味もかなり薄く感じられる(あたりまえか)。このbreweryは全体的にホップの苦味が強めに感じた。

 

Bat Outta Helles

Lager-Helles。4.2%ABV、20IBU。最初に感じたのは香ばしさ。飲みやすいながら甘み、苦味も感じられ完成度はかなり高め。シカゴだとSmilieのラガービールに似ている。 

スポンサーリンク

 

店内はテキサスを感じられるペイントで装飾。

 

天井も高く開放的。

 

缶でもかなりの種類を販売しているようです。

 

 

 
 
 
View this post on Instagram

San Antonio paleale Freetail Brewing Co.

@ kazzk2zがシェアした投稿 -

工場もTaproomからのぞけます。

 

Tapは13個。おそらく時期によっていろいろな種類が入ってきていると思う。

 

大きなスクリーンもあるのでスポーツ観戦も。

 

食事は外に来ているフードトラックで購入できます。

 

まとめ 

サンアントニオのダウンタウンから近く、値段も手軽にアメリカらしいビールを飲めるおすすめのブリュワリーです。ラガーもエールも外れがないので足を運ぶ価値ありです!

 

 

www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com

www.musachicago.com